もしかしたらペナルティ?!SEOの危険な落とし穴!

ある日突然検索順位が下がったら

SEO対策を行う際には、アクセス解析ツールを入れていることが多いでしょう。ある日突然アクセス数が減った場合には、アクセス解析から分析してよく検索されているキーワードの順位が圏外に飛んでいないか確認する必要があります。原因が何かをまず把握しなければ対策が取れないからです。
検索エンジンは自動的に評価が変更されている場合と、手動でSEOのやり過ぎを指摘されて検索エンジンから圏外となる場合があります。検索エンジンを運営している会社のガイドラインは公開されているので、よく読んでSEO対策を行う上で違反していないか確認する必要があるでしょう。有意義な情報を少しずつ掲載して行くことで良質なコンテンツと認識されるように順位判定は複雑化されています。

タイトル変更には気を付けよう

SEO対策について新たな情報を手に入れた時にやってしまいがちなこととして、タイトル変更があります。キーワードをタイトルの先頭に持ってくると良いという話を聞きつけたからといって、サイトタイトルと記事タイトルを一気に書き換えてしまったら、自動的に不自然な動きとして検索結果の圏外に飛ばされてしまいます。
コンテンツの整理をしようと、大量のページを削除することも不自然な動きと言えるでしょう。ホームページやブログは日々少しずつ変更を加えて行くものですから、一気に書き換えることは商業利用として警戒されてしまうのです。再度善良なサイトと認識されるまでの1ヶ月から3ヶ月程度は、再評価期間と割り切れないならば急激な変更は行わないようにしましょう。